Archive for 9月, 2014

健康効果のある成分は?

土曜日, 9月 20th, 2014

ごぼう茶の健康効果やアンチエイジング効果をサポートする成分はどんな成分でしょうか?
有効成分の中でも代表的な成分はサポニンとイヌリンです。

・サポニン:
サポニンはポリフェノールの一種です。
サポニンという言葉を聞いたことなくても、ポリフェノールならご存知でしょう。

発見されているだけでも数千種類はあると言われているポリフェノールです。
サポニンはその中でもアンチエイジングやダイエットに効果的なポリフェノールなんです。
活性酸素と呼ばれる病気や老化の原因を除去する効果があり、体だけの若返りではなく、美肌効果も期待できます。

また、サポニンには体内に溜まっている脂肪やコレステロールを分解し排出する効果もあります。
余分な脂肪を分解することは、ダイエットにとっては重要なことです。

ごぼう茶にはごぼうのきんぴら以上のサポニンが含まれています。
それは、サポニンが主にごぼうの皮に含まれているためなんです。

・イヌリン:
イヌリンは水溶性の食物繊維です。
食物繊維は便秘の改善に役立ち、気になるポッコリおなかには効果絶大です。

ごぼうを食べると腸のはたらきが活発になり、おならも出やすくなりますね。
それもイヌリンの効果です。
腸のはたらきを整える整腸作用があり、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

女性の悩みである肌荒れは便秘由来の場合があります。
きれいになった腸は食べ物からの栄養分や有効成分をしっかり吸収できるようになります。健康や美肌に効果的な成分が有効的に吸収されるようになります。

イヌリンには腸のはたらきを活発にするだけではなく、肝臓のはたらきまでも高める効果があります。

特にむくんだりしやすい女性には効果的です。
この時期、水分補給が大切になりますが、たっぷり飲んでも水太りしないんです。
反対に余分な水分と一緒に老廃物まで排出してくれるので、からだがスッキリするんです。

このように、ごぼう茶には健康やアンチエイジングに効果的な成分が含まれています。
ぜひいつものドリンクをごぼう茶に替えてみてはいかがでしょうか?