ごぼう茶って何?

 

ごぼう茶が注目され始めたのは、あるお医者様の紹介からです。
その独特の若返り方法から、女性だけでなく多くの男性からも支持されています。
そのお医者様、ご自分で実践して、しかもその効果が一目瞭然なんです。
だから説得力が半端ないんです。

そして、そのアンチエイジングをサポートするのがごぼう茶だったんです。

ごぼう茶って、最初は想像できないかもしれませんが、名前のとおりごぼうが原料の飲み物です。

普通の茶葉の様に乾燥したものにお湯を注ぐタイプのものもあれば、粉末状に加工されている製品もあります。

ごぼうがあれば自分でつくることもできます。
ささがきにしたごぼうを天日干しにして、乾煎りすれば出来上がりです。
それにお湯を注げば、オリジナルごぼう茶の出来上がりです。

わざわざお茶にしなくても、きんぴらでもおいしいよ!という方もいると思います。
おっしゃる通りですね。

でも、ごぼうを料理する時は必ずアク抜きをしますよね?
そのアクこそが、ごぼう茶の有効成分だと言われています。
ですから、ごぼうは皮つきでアク抜きをしていないものの方が効果的なんです。

有効成分が失われてしまったごぼう茶はタダのごぼう茶です。
健康効果もアンチエイジング効果も期待できません。

もともとごぼう茶には、ダイエットや便秘解消、むくみ予防や美肌効果など、魅力的な効果が期待できます。
皮を除去してしまったり、アク抜きをしてしまうと効果が薄れてしまうんです。

だからと言って、ごくごく飲めば効果も倍増!!かと言えばそうではないところがごぼう茶の難しいところです。

ごぼうのアクには有効成分が含まれているのは確かですが、その成分が体質に合わない場合もあるんです。
飲みすぎによって腹痛や胃痛などの不快感がある時は、きっぱりやめることが大切です。

商品によって自分の体質に合うかどうかが異なると思います。
盲目的に飲むのではなく、きちんと見極めることで、より高い効果を期待できます。

毎日ごぼうのきんぴらを食べるのは大変ですが、ごぼう茶なら手軽で簡単です。
アンチエイジングや健康効果を期待したい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

Comments are closed.